アチーバスの感想(コミュニケーション)

アチーバス風景7

アチーバスを体験した後の感想の中で「コミュニケーション」をテーマにした感想です。

  • 「アチーバス」では、言葉のコミュニケーションが思うように出来ません。昔、じっちゃんの言っていた「言葉より態度で示せ!」という教えを再認識させられました。
  • 「まゆさん」とは初対面だったけど、ゲームのあとは、心が開いた状態でお話ができました。ゲーム中はおしゃべりのようなコミュニケーションは無いんだけど、ゲームをすると、親しい友人のような感じになるんですね。
  • 言葉以外の情報から人の考えを想像したい。残り時間ぎりぎりでクリアできてよかった!
  • 周囲に気を配りたい。2回以上やると段々楽しめそう。アチーバス同盟達成がうれしい!
  • 人の言葉をよく聞くことの大切さを実感、もっと難しいものかと思ったが楽しく参加できた。
  • 自分の考えを相手に伝える難しさ。伝わった時の感動。
  • 相手が何のカードを持っているか“読む”=「相手の気持ちを考える」に繋がる。
  • 人に何かを伝える難しさが分かりました。だんだん面白くなってきたのに時間が足りなかった。
  • 私、めちゃくちゃ人見知りで、知らない人に心を開くの苦手なんですが。自然と笑いあえたことや心の内を出せたこと。1つ大人になれたなあと。
  • 人の話、行動、表情などいろんな情報で相手が何を考えているのか、を考えてみようと思った。
  • あたしが携わっているサービス業と同じです。相手(お客さま)の履歴を読んで、こちらが反応しないといけないっていうことを再確認しました。『読む』ことの大切さ、すっごく実感しました。うちの研修にも取り入れたいです。
  • 「誰がどんなカードを持っているかって、わからないもんだと思いんでいましが、Call でわかるということを学べて、すごく参考になりました。これから、マーケットが出している情報に敏感になりそうです。
  • 眼で合図することができました。
  • ゲーム中の相手の表情、カードをギブアンドテイクした時の表情を観察すると非常に効果があると思った。また、自分の番の時、他の参加者に与える影響を考えないとゲームが進まないと思った。
  • 気づかせることができなかった時、もっと相手のことを考えて伝えれば良かったなと思った。
  • 周りを見ていたつもりだが足りないことがわかった。
  • 表情などを観察することが大切だと思った。お互いのことも自分のことも考えながらプレーしないといけなくとても難しかった。でも楽しかった。
  • ゲームが上手く進まないと思った時も、チームメイトのヒントに助けられてアチーバス達成できたことが嬉しかった。
  • ニックネームで呼び合うことはお店ではないので同じところに同じメンバーでいるのにお出かけしてるみたいな気分になりました。気持ちが通じ合うと連続でナイスコールが続く!
  • ゲームを通して必要な協力やコミュニケーションを疑似体験するということは勉強になった。
  • これからはニックネームで呼んでみようと思った。
  • ニックネームで呼んで距離が近づいた気がする。
  • 回数を重ねるごとに相手がどうしてほしいかが何となく分る気がした。
  • コミュニケーションの大切さを改めて実感した。
  • B社さんのことは今回始めて知りました。仕事を一緒にするのもはじめてです。最初緊張したけれどメンバー全員とニックネームではなせるほど親しくなれてよかった。自分はシャイで引っ込み思案だけど、楽しくやるのは好きなのでよろしくお願いします。
エンジョイプラン-チームビルディング(チーム力UP)等の組織開発・職場開発を宮崎県宮崎市でサポート
タイトルとURLをコピーしました